男性全員がピンクコンパニオンを楽しみために知っておくべきこと

楽しみ方で人数を調整する

ピンクコンパニオンの楽しみ方はいろいろあります。宴会に参加している男性全員でゲームなどをして盛り上がったりする楽しみ方もあるでしょう。または、キャバクラのように個別になって楽しむという方法もあります。どちらがいいかは一概には言えません。ですが、どちらの楽しみ方を選ぶかで手配するピンクコンパニオンの人数が大きく変わってくることを理解しておく必要があります。
もし宴会に参加している男性全員で楽しみたいと考えているのであれば、ピンクコンパニオンの人数は少なめにしておく必要があるでしょう。男性5人に対して1人ぐらいの割合がベストです。男性が10人であれば2人、20人であれば4人といった具合です。少なく感じる方もいるかもしれません。ですが、全員で楽しむという考えを持っているのであれば、この人数に留めておきましょう。全員でゲームをする際にも一体感が出るはずです。
次にキャバクラのようにピンクコンパニオンを楽しみたいという場合は男性2人につきピンクコンパニオンが2人という割合がいいでしょう。どうせなら1対1にしたいと考える方もいるかもしれません。ですが、それでは本当のキャバクラと同じです。せっかく宴会をしている意味がなくなってしまうんです。少しでも男性同士がコミュニケーションを取れる余地を残しておく必要があるでしょう。
このように宴会をどのように楽しみたいかでピンクコンパニオンの人数を調整することが必要になってきます。よくよく考えて手配をするようにしましょう。