男性全員がピンクコンパニオンを楽しみために知っておくべきこと

楽しさを伝えていくために

これまで何度もピンクコンパニオンを利用してきた男性は初めてピンクコンパニオンを利用したときのことを覚えているでしょうか。多くの男性は若いときに上司や先輩との宴会の席で初めてピンクコンパニオンを経験しているはずです。決して若いときに自分で手配をしたり、同年代の仲間と手配をした訳ではないはずです。
ピンクコンパニオンは自分よりも上の世代から教えてもらうものだったはずです。そして、自分が上司や先輩の立場になったときに若い世代にピンクコンパニオンの遊びを教えてあげるといったことをしたはずです。こういった形で文化は受け継がれていくものなんです。
ですが今の時代はこの流れが経たれようとしているんです。それは、若い世代の男性が上司や先輩と一緒にお酒を飲むことを避けているからです。例え誘われたとしても断ってしまうんです。また、上司や先輩が若い世代に必要以上に気を使ってしまい誘うということをしないんです。
こういった背景もあり今の若い男性の中にはピンクコンパニオンを知らない人が驚くほど多くいるんです。もしこの状態が続いていくようであれば、ピンクコンパニオンを知らない男性ばかりになってしまいます。そして最悪の場合、ピンクコンパニオンがなくなってしまうかもしれません。
ピンクコンパニオンは日本の大事な文化の一つです。男性はどうにかして守っていく必要があるでしょう。上司や先輩の立場にある方は強引にでも若い男性を飲みに誘うべきでしょう。そしてピンクコンパニオンの楽しさを伝えなくてはいけません。